Thermo Scientific Mass Spectrometry Imaging ... Thermo Scienti¯¬¾ c Mass...

download Thermo Scientific Mass Spectrometry Imaging ... Thermo Scienti¯¬¾ c Mass Spectrometry Imaging Solution

If you can't read please download the document

  • date post

    30-Aug-2020
  • Category

    Documents

  • view

    3
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of Thermo Scientific Mass Spectrometry Imaging ... Thermo Scienti¯¬¾ c Mass...

  • その性能は想像を超える より高感度に、より選択的に、より鮮明に

    Thermo Scientific Mass Spectrometry Imaging Solution AP-SMALDI

    I M A G I N G S O L U T I O N

  • Thermo Scientifi c Mass Spectrometry Imaging Solution AP-SMALDI

    質量分析イメージング(MSI)は、生体内に存在する内因性成分や薬物を組 織からダイレクトに分析できる手法として注目されています。近年、リン脂 質やペプチド、タンパク質、薬物やその代謝物などをターゲットとして、病理 学やがんの診断、代謝経路の研究、あるいはトランスレーショナルリサーチ など多くの研究分野で応用されています。

    MSIでは、組織切片をサンプルとして扱います。分子の組織内分布をより 微細にイメージングするためには、高い空間分解能が必要とされます。それ だけでなく、真のイメージングシステムには、複雑な夾雑成分と目的成分を 識別する高質量分解能と、成分を同定できる高い質量精度も欠かせません。

    高い空間分解能を可能にするMALDIイオン源 AP-SMALDI10(TransMIT 社製)と、Orbitrapテクノロジーを搭載した高分解能・精密質量(High Resolution Accurate Mass:HRAM)分析計Thermo ScientificTM Q ExactiveTMシリーズを組み合わせたイメージング質量分析プラットフォーム は、「より高感度に、より選択的に、より鮮明に」イメージングを実現します。

    HRAM分析計は、極微量な化合物を高感度かつ特異的に検出し、ターゲッ ト化合物の詳細で信頼性の高い組織内分布を提供します。また、HRAMの スペクトルにより複数の成分を同時に検出・同定できるので、バイオマーカー など未知の化合物の探索にも応用できる可能性を持っています。

    これが真のイメージング質量分析計

    AP-SMALDI10の特長 ● Q Exactiveシリーズに脱着可能な大気圧インターフェイス ● 高い空間分解能(<10 µm)を実現する対物レンズ ● 独自にセットアップされた同軸構造の光学系 ● 繰り返し周波数の高いN2レーザーを使用 ● 高精度な調整が可能なxyzステージを搭載 ● 最大2画素 /秒で取得できるイメージングスピード

    Q Exactiveシリーズの特長 ● AP-SMALDI10の高い空間分解能を支える、微量な成分を 検出可能な高い感度

    ● 複雑な組織サンプルでも識別できる高い分解能  (最大 280,000@ m/z 200※) ● 信頼のおける同定結果をもたらす質量精度(3 ppm以下) ● MSデータとMS/MSデータを連続的に取得でき、一回の測 定で複数成分の検出・同定が可能

    ※ Q Exactiveシリーズの機種によって設定できる最大分解能が異なります。   Q Exactive:140 ,000@ m/z 200、Q Exactive Plus:140 ,000@ m/z 200(オプションとして 280 ,000 @ m/z 200まで設定可能)、Q Exactive HF:240 ,000@ m/z 200

    AP-SMALDI10 / Q Exactive MSイメージングシステム

    Q Exactive質量分析計 MALDIイオン源 AP-SMALDI10

    = = = =

    対物レンズ

    AP-SMALDI10

    レーザー照射 5 µm

    N2 レーザー

    Q Exactive導入部

    レーザー軌道 イオン軌道 観測軌道

    台板

  • MS/MSによる信頼のおける化合物同定 リン脂質などの内因性物質や薬物代謝物には、しばしば同じ分子量の化合物 が存在することがあります。これらの成分を見極めて分子種を分類、同定す るには、 MS/MSスペクトルの取得が必要となります。AP-SMALDI10と Q Exactiveの組み合わせなら、組織切片にレーザーを連続的に照射しながら、 HRAMのMSスペクトルとMS/MSスペクトルを取得でき、正確に成分を見 極めて、信頼のおける同定結果を提供します。 マウスの脳組織切片(10 µmステップ、200 x 200 ピクセル)

    MS/MSによってトリエチルアミンのロスを確認 リン脂質(フォスファチジルコリンとスフィンゴミエリン)を分類

    新たな世界を切り拓くイメージングMSの性能

    より細部までイメージングできる空間分解能 薬物やその代謝物、バイオマーカーなどの詳細な組織内分布が把握できれば、薬物動態や薬剤安全性において重要な知見が得られる 可能性があります。AP-SMALDI10は、10 µm以下の空間分解能でレーザー照射でき、より細部まで組織内をイメージングできます。

    微量な成分も見逃さない優れた選択性と感度 組織切片には複雑な夾雑成分が存在するため、MSIでは、質量分析計の分 解能と質量精度、感度が非常に重要です。Orbitrapを搭載したQ Exactive なら、目的成分と夾雑成分を高度に識別できる性能を有しており、極微量な 薬物やその代謝物、バイオマーカーも見逃さずに、特異的に検出することが できます。

    これが真のイメージング質量分析計

    マウス脳切片のイメージング画像(35 µm ステップ、295 x 195 ピクセル) マウス側脳室のイメージング画像(3 µmステップ、170 x 200 ピクセル) Green : PC(38 :4) Blue : PC(34 :1)

    100 µm 50 µm

    出典 High Resolution in Mass and Space : AP-MALDI Imaging using Orbitrap-based Instrumentation presented at ASMS2012(T436) Vancouver, Canada.

    100 1.2

    1.0

    0.8

    0.6

    0.4

    0.2

    0.0

    R el

    at iv

    e A

    bu nd

    an ce

    R el

    at iv

    e A

    bu nd

    an ce

    90

    80

    70

    60

    50

    40

    30

    20

    10

    0 797 798

    m/z

    m/z

    799

    796.5255 797.5937

    798.5416

    801.5636

    798.4895

    798.5990

    802.5654

    798.45 798.50 798.55 798.60

    804.5499

    800 801 802 803 804 805 806

    799.5453

    800.0345

    800.5596

    m/z 12.5 ppm windows (Δ =0.01) 12.5 ppm windows (Δ =0.01)

    マウス脳切片のイメージング画像 A とMSスペクトル B   Red : m/z 798 .5416<PC(34 :1)+K+> Green:m/z 798 .5909<PE(38 :0)+Na+> 

    A

    B

    Precursor Ion: m/z 772.52 (Full Scan)

    Product Ion: m/z 713.450 (MS/MS of m/z 772.5)

  •     TEL 0120-753-670 FAX 0120-753 -671 〒221-0022 横浜市神奈川区守屋町3 -9

    E-mail : Analyze.jp@thermofisher.com

    www.thermoscientific.jp

    サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社 TEL 03 -5731-2281

    FAX 03 -5731-2283

    〒152-0031 東京都目黒区中根2丁目13 -18 第百生命都立大駅前ビル5F

    E-mail : marketing@amr-inc.co.jp

    www.amr-inc.co.jp/

    エーエムアール株式会社 分析機器に関するお問い合わせはこちら LCMS050_A1511CE

    Ⓒ2015 Thermo Fisher Scientific K.K. 無断複写・転載を禁じます。 ここに記載されている会社名、製品名は各社の商標、登録商標です。 ここに記載されている内容は、予告なく変更することがあります。 ここに記載されている製品は研究用機器であり、医療機器ではありません。 AP-SMALDI10のサポートについては、エーエムアール株式会社にお問い合わせください。