TOYO NEWS · PDF file toyo news 東洋大学附属姫路中学校...

Click here to load reader

  • date post

    17-Jun-2020
  • Category

    Documents

  • view

    1
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of TOYO NEWS · PDF file toyo news 東洋大学附属姫路中学校...

  • TOYO NEWS 東洋大学附属姫路中学校 兵庫県姫路市書写1699番地 TEL : 0 7 9 - 2 66 - 2 6 2 6 2 0 1 7 年 6 月 9 日 発 行 第7号

    中 学 校 版

    東洋大学附属姫路中学校は、姫路市内初の男女共学中高一貫校として2014年度に開校し、4年目を迎えます。今 春には一期生が高校の中高一貫コースに全員内部進学し、新しいステージに進めました。本校は、生徒・保護者・地域 のニーズに応えられる学校をめざし、「考えるを、学ぶ。」教育を実践しています。生徒と教職員が共に成長し続け、 常に進化し続ける東洋大姫路のさまざまな取り組みや近況を「TOYO NEWS」としてお届けいたします。

    イメージキャラクター オーリー

    3月25日に1年生と2年生(現在2年生と3年生)が1年間の学習 の成果を発表しました。保護者や教職員、関係者などの前で、キャリア ・フロンティアでのさまざまな取り組みの成果発表を行ったほか、クラ ブ活動での成果、音楽の授業の集大成として全体合唱等を披露しました。 企画準備から生徒が主体的に関わり、当日の実施・司会進行も生徒自ら 行いました。

    プログラム(概要) 「この1年を振り返って」スライドショー上映(パソコン部作成)、 「姫路研究プレゼン」、「英語暗唱」、「職業調べ発表」 、 「富士山研究英語発表」、「クラブ活動発表」、「合唱」、 「アルトリコーダー演奏」等

    “TOYO STUDY FESTA”(総合学習発表会)

    「国際交流プログラム」の一環として、3年生(現在高校1年生)が3月に約2週間、全員参加の海 外語学研修を実施しました。オーストラリア班とニュージーランド班に分かれて滞在し、現地での交流 を通して、自国文化を発信するとともに、異文化を受容する寛容さを養うことを目的としたものです。 どちらの班でもこれまでキャリア・フロンティアで学習してきた内容を英語に訳し、現地校で発表して きました。詳細はWEBページをご覧ください。

    海外語学研修(オーストラリア、ニュージーランド)

    「姫路研究プレゼン」では「姫路玩具博物館」や「書 写山圓教寺」などを取り上げて発表、「富士山研究」 では「富士山に影響された作品」や「富士山で見られ る自然」などについて英語で発表しました。詳細はW EBページをご覧ください。

    WEBを CHECK

    WEBを CHECK

    ■お別れ会

    ■お別れ会でのダンス披露

    ■英語による発表 ■現地での交流

    ■姫路研究 ■英語暗唱

    ■富士山研究

    ■職業調べ発表

    ■美術掲示

    ■リコーダー演奏 ■ダンス部演技

  • 検索 東洋大姫路 中学 【お問い合わせ先】東洋大学附属姫路中学校・高等学校 TEL 079-266-2626 FAX 079-266-4590

    English Spring Camp

    国際交流プログラムの一環として、2年生(現在3年生)が3月に東洋大 学河口湖セミナーハウスを利用し、大学の英語教員・留学生10名と2泊3 日を英語だけで過ごしました。キャリア・フロンティアプログラムで調べて きた「富士山の魅力」のパワーポイントをCamp中に完成させ、英語での 発表を行いました。

    ■ 時間/10時~12時 ■ 場所/本校 ■ 私の学校生活、クラブ発表など生徒発表有

    【ホームページからお申し込みください】

    7/8(土)

    ■ 時間/10時00分~13時00分 ■ 場所/本校 ■ 授業体験・クラブ体験ができます。

    【ホームページからお申し込みください(6月下旬頃から受付予定】

    7/30(日)

    WEBを CHECK

    「考えるを、学ぶ。」 自ら調べ、考え、計画し、行動できる子に。

    1年生が4月下旬に仲間づくりと集団の規律を学ぶことを目的として、ハチ高原で2泊3日の野外 オリエンテーションに取り組みました。日常から離れた自然の中で、飯盒炊さん、うどん作り、魚つ かみ、ボンファイヤー、登山などに取り組みました。自然の雄大さや厳しさを実感するとともに、東 洋大学附属姫路中学校の一員として自覚を高めてきました。実施後には、「学びを伝える個人新聞づ くり」として、野外オリエンテーションで学んだことを整理し、考えをまとめ、表現しました。

    野外オリエンテーションおよび個人新聞作成 (1学年)

    ■登山 ■ボンファイヤー ■魚つかみ

    こ の 行 事 の 紹 介

    W E B は こ ち ら

    “今の子どもたちの65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く”といわれるほど、 社会変化の予測が難しい時代です。そのような時代を生きる子どもたちに必要なのは、十分な知 識・技能に加えて、自ら課題を発見し、解決する力。それには他者との協働や新しい価値を創造 することなども求められるでしょう。本校は開校時から「キャリア・フロンティア」で考える力 と豊かな人間力を育み、「国際交流プログラム」で高いコミュニケーション力を持つ真のグロー バル人材の育成に力をいれています。それらは、公立中学校よりも3年間で840時間上回る学習時 間を確保しているからこそ出来る、時代を先取りした教育プログラムです。もちろんセンター試 験廃止後の大学入試にも対応しています。お子様の将来を左右する大切な中学校選び。ぜひ未来 のチャンスを大きく広げるため、私たちにお任せください。

    校長 橋本 俊雄

    ■ディベートコンテスト ■Bring me! 英語の借り物ゲーム ■プレゼンコンテスト