SR-SaaS システム › sr-saas › sr-shizuoka › manual › ... SR-SaaS...

Click here to load reader

  • date post

    30-May-2020
  • Category

    Documents

  • view

    1
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of SR-SaaS システム › sr-saas › sr-shizuoka › manual › ... SR-SaaS...

  • SR-SaaSシステム 接続手順

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 1 -

    I. 接続手順

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 2 -

    1. 「静岡SR経営労務センター」へのログイン 1-1) インターネット エクスプローラから、次の URLにアクセスします。

    https://saas.shalom-house.jp/sr-shizuoka/

    1-2) サインインします ① 配布済みのユーザーIDを「SAAS¥」に続けて入力します。 パスワードを入力(大文字・小文字は区別されます。)

    ② セキュリティーは、「公共または共有のコンピューター」を選択 ③ サインインをクリック

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 3 -

    1-3) ログインの完了

    SR-SaaSシステムのアイコンが表示されれば、ログインは完了です。 終了する場合は、「サインアウト」をクリックします。

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 4 -

    2. 「SR-SaaS」システムの起動 2-1) RemoteAppプログラムの「SR-SaaSシステム」アイコンをクリックします。

    2-2) RemoteAppの注意が表示されますが「接続」をクリックします。

    2-3) 「資格情報を入力してください。」のダイアログが表示されます。 ユーザー名 : 「SAAS¥SSZK9999」 配布済みのユーザーIDの前に「SAAS¥」を

    付加して入力します。 パスワード: 配布済みパスワード を入力し、「OK」をクリックします。 ※ 数10秒程度、お待ち下さい。

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 5 -

    2-4) RemoteAppの接続確認が表示されます。

    「はい」をクリックします。

    2-5) SR-SaaSサービスが起動します。

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 6 -

    II. 動作環境

    SR-SaaSシステムを動作させるためには、以下に示す環境が必要となります。 必要な環境が整っていない場合、Windows更新プログラムを行います。

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 7 -

    1. Windowsのバージョン確認 1-1) SR-SaaSシステムの動作環境

    ・ Windows XP + Service Pack 3 ・ Windows Vista + Service Pack 1以上(Service Pack 2推奨) ・ Windows 7(Service Pack 1推奨)

    1-2) Windowsバージョンの確認方法 ① マイ コンピュータを開き、「ヘルプ」メニューの中の「バージョン情報」を開きます。

    ② Windowsのロゴ、および サービスパックのバージョンを確認します。

    1-3) Service Packの適用方法

    Service Pack のバージョンがSR-SaaSシステムの動作環境と異なる場合、Microsoft Update を利用して Service Packを適用して下さい。 Service Pack の適用手順については、マイクロソフト社の WEB ページの手順をご参照く ださい。 ・ Windows XPの場合

    http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps_xp.mspx

    ・ Windows Vistaの場合 http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps_vista.mspx

    Service Pack の表示が無い場合、Service Packが適用されていません。 最新の Service Packを適用してください。

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 8 -

    ・ Windows 7の場合

    http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps_win7.mspx

    ※ パソコンのメーカーや機種によってはService Pack適用の際に、追加の手順が必要な 場合があります。 詳細については パソコン・メーカー または パソコンを購入された販 売店 にご相談下さい。

    ※ 導入しているウィルス対策ソフトのメーカーへの確認もお奨めします。

    ご参考: マイクロソフト社は、2010年 4月 13日にWindows Vista RTM(SP未適用)のサポートを 終了し、2010年 7月 13日にWindows 2000 および Windows XP SP2 の延長サポー トを終了します。 これ以降は、マイクロソフト社から該当バージョンのWindowsへのセキュリティ更新プログラ ムが提供されなくなります。セキュリティ対策の観点からも XPは Service Pack 3、Vistaは Service Pack 2の適用は必要となります。 マイクロソフト社のご案内WEBページ:

    「Windows Vista RTM / Windows XP Service Pack 2 (SP2) / Windows 2000 (Server / Professional) 製品のサポート終了についてのご案内」 http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/default.mspx Windows Vista RTM / Windows XP Service Pack 2 (SP2) / Windows 2000 製品のサ ポート終了に関するよく寄せられる質問 (FAQ) http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/eosfaq.mspx

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 9 -

    2. Internet Explorer のバージョン確認 2-1) SR-SaaSシステムの動作環境

    ・ Internet Explorer 7 ・ Internet Explorer 8

    2-2) Internet Explorerのバージョン確認方法 ① インターネット エクスプローラを立ち上げ、ヘルプのバージョン情報を開きます。

    ② Internet Explorerのロゴ、Version/バージョンを確認します。 × Internet Explorer 6 ○ Internet Explorer 7 ○ Internet Explorer 8

    2-3) Internet Explorerのバージョンアップ方法

    Internet Explorer 6をご利用の場合、Internet Explorer 7以降にバージョンアップして 下さい。 Microsoft Update を利用して最新の Internet Explorerに更新することができます。 手順については、以下のマイクロソフト社のWEBページをご参照ください。 ・ Windows XPの場合

    http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps_xp.mspx ・ Windows Vistaの場合

    http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps_vista.mspx ・ Windows 7の場合

    http://www.microsoft.com/japan/security/bulletins/j_musteps_win7.mspx

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 10 -

    ご参考: Internet Explorer 6 までは、低速のモデム回線に合わせて大容量の一時領域サイズが 設定されていましたが、光ファイバー(FTTH)や ADSL などの高速回線を使用している場 合、一時領域サイズが大きいと、むしろパフォーマンスが悪くなる傾向があります。 Internet Explorer 7 以降では、高速回線に合わせ一時ファイルの「使用するディスク領 域」の推奨サイズは 50MB~250MB となっています。 不適切に大きなサイズが設定されている場合には、一時ファイルのサイズを調整します。 インターネット エクスプローラの「ツール」→「インターネット オプション」を開きます。

    「全般」タブの中の「設定」ボタンをクリックします。

    「使用するディスク領域」に推奨サイズ 50~250MBのサイズを設定します。

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 11 -

    3. リモート デスクトップ接続のバージョン確認 3-1) SR-SaaSシステムの動作環境 ① Windows XP(SP3) の場合:

    ・ リモート デスクトップ接続 6.1 (XP Service Pack 3に含まれます)

    ② Windows Vista(SP1/SP2) の場合: ・ リモート デスクトップ接続 6.1 (Vista Service Pack 1以降に含まれます) ・ リモート デスクトップ接続 7.0 (マイクロソフト社のWebサイトからダウンロード)

    ③ Windows 7の場合:

    ・ リモート デスクトップ接続 7.0 (Windows 7標準)

    3-2) リモート デスクトップ接続のバージョン確認方法 ① 「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「リモート デスクトップ接続」を実 行します。

    ② メニューのアイコンをクリックし、「バージョン情報」を選択します。

    上記○をクリック

  • SR-SaaSシステム 接続手順

    - 12 -

    バージョン情報を選択

    サポートされているプロトコルのバージョン番号を確認します。

    3-3) リモート デスクトップ接続のバージョンアップ方法(Windows XPの場合) ご利用のWindowsが XPであり、リモート デスクトップ接続のバージョン確認にて、 「リモートデスクトップ プロトコル 7.0がサポートされています。」

    と表示されている場合、「Windows XP 用の更新プログラム (KB969084)」が適用されて います。

    ① Windows XP 用の更新プログラム (KB969084)をダウンロードしてインストールを行います。以下

    のURL にアクセスしてください。 http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=72158B4E-B527-4 5E4-AF24-D02938A95683

    ② サポート プロバイダー (CredSSP) の有効化

    以下のURL にアクセスします。

    http://support.microsoft.com/kb/951608/ja