ソーシャル・プロジェクトマネジメント のご提案 ......

Click here to load reader

  • date post

    20-May-2020
  • Category

    Documents

  • view

    0
  • download

    0

Embed Size (px)

Transcript of ソーシャル・プロジェクトマネジメント のご提案 ......

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    ソーシャル・プロジェクトマネジメント のご提案

    2015年2月28日

    PMI日本支部 ソーシャル・プロジェクトマネジメント研究会

    手法開発リーダー 中谷 英雄

    1 ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    目 次

    はじめに

    1.序論 ソーシャル・プロジェクトとデザイン思考 1.1 ソーシャル・プロジェクトの特徴

    1.2 デザイン思考の導入

    2.デザイン思考プロセスとレスキュー隊プロジェクト 2.1-2.7 デザイン思考モード(Mode1~Mode7)

    3.ソーシャルPMの成功要因 3.1 仮説検証作業に「アジャイル・マネジメント」が有効

    3.2 マネジメントは「奉仕型リーダーシップ」が効果的

    3.3 投資最適化に「ポートフォリオマネジメント」が必要

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 2

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    ◎はじめに(1)

    本資料の取り扱いについて 情報支援レスキュー隊はまだ形成途上で、実際に災害現地で

    活動できてはいません(活動しないこと=災害が起きないこと を祈ります)が、その形成過程をマネジメントする手法を検討 します。

    また、本資料はPMI独自の分析・プレゼンで、情報支援レス キュー隊、情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)からは素 材を提供・協力していただいております。

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 3

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    ◎はじめに(2)

    ソーシャルPM研究会・全体像

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 4

    ミッション

    ビジョン

    WG1 (事例調査)

    WG2 (手法開発)

    WG4 (実践)

    WG3 (普及活動)

    PMO

    ソーシャル活動団体 - 復興プロジェクト

    - ソーシャル・プロジェクト

    ケーススタディ

    要求事項

    手法 評価 フィード バック

    協業

    教訓 フィード バック

    協力/支援 手法の実地適用

    パブリック サイト

    ソーシャルPM コミュニティ

    ソーシャル支援団体 - 自治体、NPO - 企業CSR、他

    研修/支援 フィードバック

    手法、事例 の公開

    手法、事例 交流の場の提供

    セミナー、フォーラム を通して啓蒙

    直接参加

    情報支援 レスキュー隊

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    ◎本日お伝えしたいこと(1)

    これまでの情報支援レスキュー隊(IT DART)の形成過程を対象 に考察し、「ソーシャル・プロジェクトマネジメント・フレームワーク」 の提案内容をお伝えするものです。

    提案するフレームワークは、以下をベースとして構築しています。  デザイン思考  Kumar, Vijay (2013), 101 Design Methods; A Structured Approach for Driving

    Innovation in Your Organization, Wiley. ヴィジェイ・クーマー(イリノイ工科大学デザイン大学院 教授)

     PMIプロジェクトマネジメント標準(PPP)  ポートフォリオマネジメント標準 第3版

     プログラムマネジメント標準 第3版  プロジェクトマネジメント知識体系 ガイド(PMBOK®ガイド ) 第5版

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 5

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    ◎本日お伝えしたいこと(2)

    その上で、ソーシャルな課題を解決するために、以下の3つの疑問に ついて参加者の皆さんと一緒に考えます。

    ① ソーシャルな課題を解決する上で、 デザイン思考の有効性を確認する。

    ② デザイン思考の仮説・検証の繰り返しの中では、 マネジメントは、従来のマネジメントと何が異なるのかを確認する。

    ③その後の実行段階で、 PMIが提供するフレームワーク(PPP)との関連性を考察する。

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 6

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    1.序論 ソーシャル・プロジェクトとデザイン思考

    7 ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    1.1 ソーシャル・プロジェクトの特徴(1)

     社会性・公共性・継続性の要素が不可欠な社会的課題への取組み

     複数プロジェクトが関連し合えば相乗効果が期待できる

     要求スキルに対するリソース不足、予算確保などで制約を受ける

     ステークホルダーが多種多様で、合意形成が難しい

     スコープ定義や完了基準の定義が困難、曖昧になりがち

     マネジメントが手薄、ガバナンスが後追いになりがち

     総じてプロジェクト運営の難易度は高い

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 8

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    ソーシャル問題の本質と解(アイデア)をどう結び付けるのか

    解(アイデア)の集合 ソーシャル問題の集合

    優先順位が高い問題

    問題の本質

    つながりがある

    つながりがない?

    1.1 ソーシャル・プロジェクトの特徴(2)

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 9

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    1.1 ソーシャル・プロジェクトの特徴(3)

    ソーシャルPMフレームワーク

    (参照)https://www.pmi-japan.org/newsletter/pdf/vol59_140625.pdf (13ページ)

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 10

    (ミッション)

    (ビジョン)

    ソーシャル・プログラムの実施

    ソーシャル・プロジェクトの実行

    組 織 資 源

    (戦略計画)

    ソーシャル・ ポートフォリオ計画

    戦略計画レベル

    戦略実行レベル

    WHAT?

    HOW?

    WHY?

    ソーシャルPM アプローチ

    デザイン思考

    https://www.pmi-japan.org/newsletter/pdf/vol59_140625.pdf https://www.pmi-japan.org/newsletter/pdf/vol59_140625.pdf https://www.pmi-japan.org/newsletter/pdf/vol59_140625.pdf https://www.pmi-japan.org/newsletter/pdf/vol59_140625.pdf

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    社会課題の解決に必要不可欠な思考法 = デザイン思考

    デザイン思考は、 人間中心デザインに基づいた イノベーションを起こすための、 主として非デザイナーを対象とした 発想法である。

    Wikipedia

    1.2 デザイン思考の導入(1)

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 11

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    デザイン思考の適用領域

    出所:ハーバードビジネスレビュー、「デザイン思考でマーケティングは変わるか?」2014.8、P84

    デザインが対象する範囲は、広範囲

    サービス・デザイン ソーシャル・デザイン

    ビジネスモデル ・デザイン

    狭義デザイン領域 広義デザイン領域

    プロセス重視

    アウトプット重視

    複 合 目 的

    単 一 目 的

    単 一 目 的

    スキル向上領域 組織改革領域

    プロダクト・デザイン 空間デザイン

    インターフェース ・デザイン

    調査技術向上 共創技術向上 発想法教育

    組織文化醸成 企業風土改革

    イノベーター教育 等

    ソーシャルな問題の 解決にデザイン思考

    を活用する

    1.2 デザイン思考の導入(2)

    ソーシャル・プロジェクトマネジメントのご提案 12

  • ©2015 PMI Japan Chapter. All rights reserved.

    デザイン思考で、引用している書籍と著者

    Vijay Kumar Professor, IIT Institute of Design イリノイ工科大学デザイン大学院 ヴィジェイ・クーマー教授

    Vijay Kumar is a professor at the IIT Institute of Design and leads the Strategic Design Planning and the Design Methods programs. He is also a consultant, coach, and advisor to global corporations and organizations. For more than 12 years he was the chief methodologist at Doblin Inc. (now a member of Deloitte) a global innovation firm